実験医学:明かされる“もう1つの臓器” 腸内細菌叢を制御せよ!〜宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際、バイオベンチャーの動向まで
書籍を購入する
実験医学 2016年4月号 Vol.34 No.6

明かされる“もう1つの臓器” 腸内細菌叢を制御せよ!

宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際、バイオベンチャーの動向まで

  • 福田真嗣/企画
  • 定価 2,000円+税
  • 2016年03月発行
  • B5判
  • 141ページ
  • ISBN 978-4-7581-0150-9
  • 販売状況: 注文可能
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予防・健康のカギを握る「腸内細菌叢」.明らかになる腸内環境と宿主の免疫・代謝との因果関係から,メタゲノムデータのアノテーション,便移植を始めとする応用と産業化の展開まで幅広く網羅しました.

 
《企画者のことば》

生体の恒常性維持や疾患発症と深くかかわることが次々と報告されている腸内細菌叢.その重要性が世のなかに広く知れわたるようになったのは,微生物培養技術や無菌動物実験技術といった,これまでの腸内細菌学分野で培われてきた技術に加えて,近年のハードウェアの技術革新により,その全容は未解明であった腸内細菌叢を含む腸内環境全体について,遺伝子レベルや代謝物質レベルでの網羅的解析による可視化が進んだことに他ならない.医食同源をキーワードに,幅広い研究分野と融合することで見えてきた,異種生物で構成される「もう1つの臓器」.その機能や制御方法について,国内外で活躍する新進気鋭の研究者が新たな切り口でその真実に迫る.

企画者メッセージ
企画者メッセージ
目次

特集

明かされる”もう一つの臓器” 腸内細菌叢を制御せよ!
宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際,バイオベンチャーの動向まで
企画/福田真嗣
概論─腸内環境制御が切り拓く疾患予防・治療の新地平【福田真嗣】
生体の恒常性維持や疾患発症と深くかかわることが次々と報告されている腸内細菌叢.その重要性が世のなかに広く知れわたるようになったのは,微生物培養技術や無菌動物実験技術といった,これまでの腸内細菌学分野で培われてきた技術に加えて,近年のハードウェアの技術革新により,その全容は未解明であった腸内細菌叢を含む腸内環境全体について,遺伝子レベルや代謝物質レベルでの網羅的解析による可視化が進んだことに他ならない.医食同源をキーワードに,幅広い研究分野と融合することで見えてきた,異種生物で構成される「もう1つの臓器」.その機能や制御方法について,国内外で活躍する新進気鋭の研究者が新たな切り口でその真実に迫る.
免疫システムによる腸内環境制御【後藤義幸】
生体の恒常性維持や疾患発症と深くかかわることが次々と報告されている腸内細菌叢.その重要性が世のなかに広く知れわたるようになったのは,微生物培養技術や無菌動物実験技術といった,これまでの腸内細菌学分野で培われてきた技術に加えて,近年のハードウェアの技術革新により,その全容は未解明であった腸内細菌叢を含む腸内環境全体について,遺伝子レベルや代謝物質レベルでの網羅的解析による可視化が進んだことに他ならない.医食同源をキーワードに,幅広い研究分野と融合することで見えてきた,異種生物で構成される「もう1つの臓器」.その機能や制御方法について,国内外で活躍する新進気鋭の研究者が新たな切り口でその真実に迫る.
腸内環境制御と肥満・糖尿病治療戦略【木村郁夫,粕渕真由,長谷川沙恵】
近年の腸内細菌叢に対するマルチオミクス解析技術の応用により,腸内細菌叢の変化が宿主のエネルギー調節や栄養の摂取,免疫機能等に関与し,肥満や糖尿病に代表されるエネルギー代謝疾患に直接的な影響を及ぼすことが見出された.この発見は,いかに共生菌が宿主の代謝機能に重要な役割を果たしているかということを証明するものであり,医学分野においても,本領域はここ数年で新たなフロンティアとして注目されている.現在,腸内細菌代謝産物や菌体成分そのものを介した代謝疾患発症メカニズムの科学的解明と,治療戦略の開発が急ピッチで進められている.
腸内環境制御による病原性細菌感染症予防・治療【鎌田信彦】
腸内常在細菌は腸管感染防御において中心的な役割を担っている.腸内常在細菌は病原細菌と直接的に栄養素などの定着・増殖因子を競合,もしくは宿主の抗菌免疫を活性化することで,外来性の病原細菌の感染を防ぐ.一方で,抗菌剤の投与やその他の環境因子により正常な腸内細菌叢が撹乱されると,宿主は腸内細菌による病原細菌定着抵抗性を失い感染リスクが上昇する.本稿では常在細菌の定着抵抗性や腸内環境制御を介した病原性細菌感染症予防・治療について概説する.
腸内環境制御にむけた腸内代謝データベース構築【山田拓司】
ヒト腸内環境解析は次世代シークエンサーの発展とともにさまざまな広がりを見せている.腸内細菌由来の遺伝子配列を網羅的に解析するメタゲノム解析により,腸内細菌がもつ代謝能力も定量化することが可能となってきた.しかしながら,これらの遺伝子配列に対する機能アノテーションは既存のデータベースに依存しているため,新規代謝反応が含まれている場合には対処できない.本稿ではまず代謝データベースとはどういうものかということを紹介し,近年の腸内環境メタゲノム解析がそれらをどのように利用しているのかを概説する.さらに,われわれのグループが開発している代謝経路データベースについて紹介したい.
消化器疾患に対する便細菌叢移植療法【石川 大,長田太郎,渡辺純夫】
近年の腸内細菌分析法の発展により,腸内細菌叢の乱れ(dysbiosis)とさまざまな疾患との関連が明らかになってきている.dysbiosisの有効な改善手段として「便細菌叢移植療法(FMT)」に注目が集まっている.FMTはClostridium difficile感染性腸炎(CDI)に対して非常に高い奏功率を示したことが報告され,欧米ではすでに実用化されている.また,炎症性腸疾患(IBD)や,糖尿病やメタボリックシンドロームなど代謝疾患に対しても実用化に向けて積極的に臨床研究が行われている.しかし,2015年に発表された2編の潰瘍性大腸炎(UC)に対するFMTのrandomized control study(RCT)ではCDIに比べ治療効果はいまだ不透明であり,ドナーの選択,投与方法,便検体の疾患に合わせた腸内細菌療法の確立が求められている.
マイクロバイオーム─次世代の医薬品【金 倫基】
大規模なマイクロバイオーム解析プロジェクトが2007年に日本(Human Metagenome Consortium Japan:HMCJ)で,2008年に米国(Human Microbiome Project:HMP)と欧州(Metagenomics of the Human Intestinal Tract:MetaHIT)で開始されて以来,マイクロバイオーム研究は急速に進み,多くの新知見がこの数年で蓄積された.これに伴い,マイクロバイオーム関連のバイオベンチャーが欧米を中心に次々と設立された.これらのバイオベンチャーでは,腸内細菌叢やその代謝産物を解析することで病気を予測したり,マイクロバイオーム修飾薬〔腸内細菌(叢)の組成や機能を変化させる薬〕を開発することで病気を予防・治療したりする試みが活発に行われている.本稿では国内外のマイクロバイオーム関連バイオベンチャーの動向を筆者の考えを交えながら紹介する.

注目記事

日本のサイエンスを担う これからのリーダーの条件を求めて
【第6回】周囲と強く関わり合い,大きなストリームを生み出す【インタビュー 山中章弘】
いま、がんのクリニカルシークエンスがおもしろい!
【第1回】がん診断の新たなマテリアル,ctDNA【西塚 哲,谷上賢瑞,八谷剛史,中川英刀】

Update Review

ROHgen コンソーシアムが解いたMissing Heritability【岡田随象】

トピックス

カレントトピックス
毛囊によるレジデントメモリーT 細胞の制御機構【足立剛也,永尾圭介】
ヒト赤血球バンド3の陰イオン交換ドメインの立体構造を解明【小林拓也,濱崎直孝,岩田 想】
電気走性における細胞外電界の感知機構【中島謙一,Min Zhao】
レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えを司る〜ニューロンの同定と操作により明らかとなったレム睡眠の意義【林 悠,柏木光昭,糸原重美】
News & Hot Paper Digest

連載

挑戦する人
薬を創る人と想いを共に患者さんの求める新薬を!【小室美子】
クローズアップ実験法
目的にあったエクソーム濃縮キットの選択ポイント【重水大智,桃沢幸秀,久保充明,角田達彦】
印象力でチャンスを掴む! 研究ポスターのデザイン術
色への気づかい【大塩立華】
テツヤ、留学生活はどうだい。
一番苦手な人が一番心強い味方【Kyota Ko,Simon Gillett】
私の実験動物、個性派です!
ホヤを使った発生と進化の研究【脇 華菜】
私のメンター 〜受け継がれる研究の心〜
Robert A. Weinberg ―我らがん研究者の親父Bob【折茂 彰】
ラボレポート ―独立編―
平凡なポスドクがカナダで独立するまで― Department of Zoology, The University of British Columbia【水本公大】
Opinion ―研究の現場から
若手研究者のグローバル化について考える【有馬陽介,小金丸利隆】

関連情報

本書中に掲載された広告をご紹介します.より詳細な資料を希望される方は,こちらのページから資料請求いただくことができますので,該当企業にチェックを付け,下記の「資料請求する」をクリックして,資料の送付先をご入力ください.

掲載広告一覧・資料請求

(株)医学書院  [後付9]詳細
岩井化学薬品(株)  [後付11]詳細
エッペンドルフ(株)  [記事中954]詳細
警視庁  [後付4]詳細
(株)高研  [表3]詳細
サーモフィッシャーサイエンティフィック ライフテクノロジーズジャパン(株)  [前付1]詳細
ザルトリウス・ステディム・ジャパン(株)  [表4]詳細
(株)ダイナコム  [後付3]詳細
テフコ(株)  [後付9]詳細
(株)東京化学同人  [後付2]詳細
(株)ニッピ  [後付1]詳細
ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン(株)  [表2]詳細
(株)ライトストーン  [後付10]詳細
リード エグジビション ジャパン(株)  [記事中946-947]詳細
広告代理店
株式会社エー・イー企画
101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-4 岩波書店一ツ橋別館4F
TEL 03(3230)2744(代表)/ FAX 03(3230)2479
E-mail:adinfo@aeplan.co.jp URL:http://www.aeplan.co.jp/

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:明かされる“もう1つの臓器” 腸内細菌叢を制御せよ!〜宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際、バイオベンチャーの動向まで
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +160円
送料 +300円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

9784758101370
9784758103374
9784758107266
9784758103480
9784758120579
世界に冠たるNo.1テキスト、フルカラーで大刷新!(MEDSI)
www.medsi.co.jp/book...
安価で共培養もできるコラーゲンゲルがお勧め!
www.atelocollagen.co...

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
  • 医書.jp