News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

筋収縮を操る小人たち

東京農工大学大学院工学府生命工学専攻 養王田正文

肉の収縮は筋小胞体に蓄えられているカルシウムの遊離により引き起こされる.細胞質に遊離したカルシウムは筋小胞体膜上に存在するCa2+ATPase(SERCA)により筋小胞体に再び取り込まれる.1975年にホスホランバンという52アミノ酸のペプチドがSERCAに結合し,そのカルシウム取り込み能を抑制することが報告された(Tada M, et al:J Biol Chem, 250:2640-2647, 1975).さらに,1997年には,31アミノ酸の

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年4月号 Vol.34 No.6
明かされる“もう1つの臓器”
腸内細菌叢を制御せよ!
宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際、バイオベンチャーの動向まで

福田真嗣/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート