News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

Nanogがつなぐ脂肪酸代謝と未分化性の関係

金沢大学がん進展制御研究所 河野 晋

β酸化は,脂肪酸を分解してアセチルCoAをつくり出す経路である.十分な栄養条件下では,細胞はグルコースやグルタミンを代謝してATPを産生する.特に,がん遺伝子MYCやRASは解糖系酵素を誘導することから,腫瘍形成にはグルコース代謝が重要であると認識されている.一方,栄養枯渇条件下で細胞内ATPレベルが低下した場合,エネルギーセンサー分子AMPKが活性化し,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2016年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年4月号 Vol.34 No.6
明かされる“もう1つの臓器”
腸内細菌叢を制御せよ!
宿主との相互作用のメカニズムから便移植の実際、バイオベンチャーの動向まで

福田真嗣/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート