News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

エネルギー代謝におけるマスト細胞の新たな役割

徳島大学大学院医歯薬学研究部 近久幸子

スト細胞は従来アレルギー反応において中心的な役割を担っている細胞とされてきた.しかし最近になって,多発性硬化症,関節リウマチ,がんや血圧調節等にも関与することが報告されるなど,マスト細胞の新たな機能が次々と発見されている.特にエネルギー代謝におけるマスト細胞の働きは興味深く,これまでに,食餌誘導性肥満や糖尿病にマスト細胞が関与することが報告されている(Liu J, et al:Nature Medicine, 15:940-945, 2009).肥満のヒトやマウスの白色脂肪組織(WAT)には,痩せ型のWATよりも多くのマスト細胞が含まれているが,マスト細胞をもたないマウスに特定のサイトカイン欠損マスト細胞を移入する実験により,マスト細胞がインターフェロンγ,インターロイキン6等を放出し,脂肪組織中での血管新生や脂肪細胞の増殖を促すことで,食餌誘導性肥満と耐糖能異常を促進することが示された.

そして今回新たに, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年5月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年5月号 Vol.34 No.8
国民病“腎疾患”治療の光が見えてきた!腎臓のサイエンス
発生・三次元組織再生と機能破綻のメカニズム

西中村隆一/企画

新刊・近刊  一覧

総力戦で挑む老化・寿命研究
あなたのラボにAI(人工知能)×ロボットがやってくる
ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A
はじめの一歩の病理学 第2版
ヒト疾患のデータベースとバイオバンク
The オートファジー 研究者たちの集大成が見える最新ビジュアルテキスト
科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版
脳神経ペディア 「解剖」と「機能」が見える・つながる事典
認知症 発症前治療のために解明すべき分子病態は何か?
実験医学増刊 Vol.35 No.10 がん代謝 ワールブルグを超えて全容解明に挑む
エピジェネティクス実験スタンダード
遺伝医学
実験医学増刊 Vol.35 No.7 生体バリア 粘膜や皮膚を舞台とした健康と疾患のダイナミクス
行動しながら考えよう 研究者の問題解決術
Rとグラフで実感する生命科学のための統計入門
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍

用語解説

バイオキーワード集 新着 (10/10更新)

プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート