News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

基本転写因子TFⅢBのサブユニットであるBrf2はレドックスセンサーとして機能する

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 古久保哲朗

椎動物において,RNAポリメラーゼⅢ(PolⅢ)は,5S rRNA,tRNA,U6 snRNAなどの必須RNA遺伝子群の転写を担うが,コアプロモーターの構造(Type 1, 2, 3)や関与する基本転写因子は,遺伝子ごとに異なることが知られている1).基本転写因子TFⅢBとしては,Brf1/Bdp1/TBP複合体およびBrf2/Bdp1/TBP複合体の2種類が存在し,それぞれType 1と2,Type 3プロモーターの転写に関与する.Type 3プロモーターを有する遺伝子は14個存在し,tRNAの中では酸化還元反応に関与するセレノプロテインの産生に必要なtRNA遺伝子(TRNAU1)のみがこのクラスに含まれる.PolⅢ転写の異常と腫瘍形成は密接に関連するとされており,近年Brf2の過剰発現が肺がんや乳がんの原因となる可能性なども指摘されていることから2)3),Brf2の分子機能の解明はきわめて重要と考えられる.

最近Vanniniらは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年5月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年5月号 Vol.34 No.8
国民病“腎疾患”治療の光が見えてきた!腎臓のサイエンス
発生・三次元組織再生と機能破綻のメカニズム

西中村隆一/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート