News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

NgAgoは第4世代ゲノム編集技術か?

国立遺伝学研究所 鐘巻将人

頃,ゲノム編集が巷のニュースにもとり上げられ,研究者のみならずお茶の間をも賑わすようになってきた.ゲノム編集は第1世代技術Znフィンガーヌクレアーゼ(ZFN)が登場した後,第2世代技術TALENにより注目を集め,2013年に第3世代技術CRISPR–Casが開発されたことにより,爆発的に普及が進んだ.ZFNとTALENが標的配列に結合するタンパク質をデザインするのに対し,CRISPR–CasはガイドRNAを利用してCas9ヌクレアーゼが結合する標的配列を規定するため,コンストラクト作成が容易であり,さらにCas9のDNA切断活性が高いことが爆発的普及の要因である.しかしながら .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年10月号 Vol.34 No.16
ゲノムデータをどう扱えば、医学と医療は変わるのか
遺伝統計学の力と創薬・個別化医療

岡田随象/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート