News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

微小管細胞骨格に刻まれた翻訳後修飾“コード”の解読

国立遺伝学研究所新分野創造センター 島本勇太

胞の形質は,タンパク質に入る多様な翻訳後修飾によって制御されている.これは,リン酸化に代表される単一の修飾から,アセチル化やメチル化を含んだ複雑で多重な修飾までさまざまである.後者のうちで特に有名なのが,ヒストンコードとよばれるヒストンN末端領域に刻まれた暗号のような多重修飾による転写調節であるが,このような“コード”を介した調節メカニズムが,細胞骨格である微小管のチューブリンC末端領域にも存在することが近年大きな注目を浴びている.今回,アメリカNIHのRoll-Mecakのグループは, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年10月号 Vol.34 No.16
ゲノムデータをどう扱えば、医学と医療は変わるのか
遺伝統計学の力と創薬・個別化医療

岡田随象/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート