News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

微小管細胞骨格に刻まれた翻訳後修飾“コード”の解読

国立遺伝学研究所新分野創造センター 島本勇太

胞の形質は,タンパク質に入る多様な翻訳後修飾によって制御されている.これは,リン酸化に代表される単一の修飾から,アセチル化やメチル化を含んだ複雑で多重な修飾までさまざまである.後者のうちで特に有名なのが,ヒストンコードとよばれるヒストンN末端領域に刻まれた暗号のような多重修飾による転写調節であるが,このような“コード”を介した調節メカニズムが,細胞骨格である微小管のチューブリンC末端領域にも存在することが近年大きな注目を浴びている.今回,アメリカNIHのRoll-Mecakのグループは, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年10月号 Vol.34 No.16
ゲノムデータをどう扱えば、医学と医療は変わるのか
遺伝統計学の力と創薬・個別化医療

岡田随象/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート