News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ミトコンドリアを介した抗腫瘍免疫の制御

京都大学大学院医学研究科免疫ゲノム医学 茶本健司

PD-1抗体をはじめとする免疫チェックポイント阻害剤が抗腫瘍効果を劇的に改善し,がん免疫治療が世界的に注目されている.PD-1等の免疫チェックポイントは,慢性的にT cell receptor(TCR)シグナルを受け疲弊したT細胞上に主に発現されており,TCRシグナルを抑制することで過剰な活性化によるアポトーシスを回避させる.ナイーブT細胞からエフェクターT細胞,メモリーT細胞への分化段階には疲弊状態が深くかかわっており,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年11月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年11月号 Vol.34 No.18
見えてきた予防・根治の可能性 アレルギー新時代
IgE発見から50年を迎えて

中尾篤人/企画

新刊・近刊  一覧

演習で学ぶ生命科学 第2版
糖尿病 研究の“いま”と治療の“これから”
今すぐ始める! メタゲノム解析 実験プロトコール
All Aboutゲノム編集
マウス表現型解析スタンダード
研究留学のすゝめ!
はじめの一歩の生化学・分子生物学 第3版
実験医学増刊 Vol.34 No.17 再生医療と疾患解明の鍵となる組織幹細胞
やさしく学べる がん免疫療法のしくみ
実験医学増刊 Vol.34 No.15 遺伝子制御の新たな主役 栄養シグナル
新版 フローサイトメトリー もっと幅広く使いこなせる!
科研費申請書の赤ペン添削ハンドブック
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
臨床医学系書籍TOPページ(総合)へはこちらからどうぞ
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート