News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

腸管の味覚センサーは免疫系を動かすか?!

神戸大学大学院農学研究科 藍原祥子

管上皮に散在する奇妙な形態の刷子細胞(tuft cellあるいはbrush cellともよばれる)は,その存在が認められながらも明確な機能がわかっていなかった.頂端に長めの微絨毛をもち太いブラシ状にも見えるその細胞は,発現する遺伝子が明らかになるにつれ,「栄養素の吸収だ」,「分泌だ」,「いや顆粒がみられないから違うはずだ」,などさまざまな意見が交わされてきたが, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年1月号 Vol.35 No.1
生命の複雑性と個別性に挑む オープンシステムサイエンス
新しい発見を新しい研究スタイルで

桜田一洋/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート