News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

腸管の味覚センサーは免疫系を動かすか?!

神戸大学大学院農学研究科 藍原祥子

管上皮に散在する奇妙な形態の刷子細胞(tuft cellあるいはbrush cellともよばれる)は,その存在が認められながらも明確な機能がわかっていなかった.頂端に長めの微絨毛をもち太いブラシ状にも見えるその細胞は,発現する遺伝子が明らかになるにつれ,「栄養素の吸収だ」,「分泌だ」,「いや顆粒がみられないから違うはずだ」,などさまざまな意見が交わされてきたが, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年1月号 Vol.35 No.1
生命の複雑性と個別性に挑む オープンシステムサイエンス
新しい発見を新しい研究スタイルで

桜田一洋/企画
「実験医学600号を一緒に作ろう!」特別アンケート

新刊・近刊  一覧

糖尿病 研究の“いま”と治療の“これから”
今すぐ始める! メタゲノム解析 実験プロトコール
All Aboutゲノム編集
マウス表現型解析スタンダード
研究留学のすゝめ!
はじめの一歩の生化学・分子生物学 第3版
実験医学増刊 Vol.34 No.17 再生医療と疾患解明の鍵となる組織幹細胞
やさしく学べる がん免疫療法のしくみ
実験医学増刊 Vol.34 No.15 遺伝子制御の新たな主役 栄養シグナル
新版 フローサイトメトリー もっと幅広く使いこなせる!
科研費申請書の赤ペン添削ハンドブック
時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍

用語解説

臨床医学系書籍TOPページ(総合)へはこちらからどうぞ
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート