News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

肥満の急増への説明に用いられる倹約遺伝子仮説の棄却

群馬大学生体調節研究所 佐々木 努

満は世界的に近年急増しており,世界第3位の疾病負荷として健康への重大な脅威となっている.「生活習慣病」と言われるが,肥満の要因の約2/3は遺伝的素因であることが双子や家系の解析からわかっており,肥満の発症には遺伝と環境要因の相互作用が関与している.

近年の肥満の急増への遺伝学的な説明として,倹約遺伝子仮説が提唱されている.人類の歴史は飢餓との戦いであり,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年1月号 Vol.35 No.1
生命の複雑性と個別性に挑む オープンシステムサイエンス
新しい発見を新しい研究スタイルで

桜田一洋/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート