News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

肥満の急増への説明に用いられる倹約遺伝子仮説の棄却

群馬大学生体調節研究所 佐々木 努

満は世界的に近年急増しており,世界第3位の疾病負荷として健康への重大な脅威となっている.「生活習慣病」と言われるが,肥満の要因の約2/3は遺伝的素因であることが双子や家系の解析からわかっており,肥満の発症には遺伝と環境要因の相互作用が関与している.

近年の肥満の急増への遺伝学的な説明として,倹約遺伝子仮説が提唱されている.人類の歴史は飢餓との戦いであり,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年1月号 Vol.35 No.1
生命の複雑性と個別性に挑む オープンシステムサイエンス
新しい発見を新しい研究スタイルで

桜田一洋/企画
「実験医学600号を一緒に作ろう!」特別アンケート

新刊・近刊  一覧

今すぐ始める! メタゲノム解析 実験プロトコール
All Aboutゲノム編集
マウス表現型解析スタンダード
研究留学のすゝめ!
はじめの一歩の生化学・分子生物学 第3版
実験医学増刊 Vol.34 No.17 再生医療と疾患解明の鍵となる組織幹細胞
やさしく学べる がん免疫療法のしくみ
実験医学増刊 Vol.34 No.15 遺伝子制御の新たな主役 栄養シグナル
新版 フローサイトメトリー もっと幅広く使いこなせる!
科研費申請書の赤ペン添削ハンドブック
時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
臨床医学系書籍TOPページ(総合)へはこちらからどうぞ
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート