News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

動脈硬化症と老化細胞除去療法の可能性

東北大学大学院医工学研究科 神﨑 展

テローム性動脈硬化病変部位では粥状のプラークが形成されており,そこには過剰脂質を含有したマクロファージ(泡沫細胞)などの慢性炎症細胞の浸潤が認められる.これらの浸潤細胞には,p16Ink4aやp53などの細胞老化マーカーに陽性を示す集団も少なからず存在するが,それらの比較的老化が進んだ細胞種がこの動脈硬化の発症や増悪に対して,どのような影響をおよぼしているのかについては不明であった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年1月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年1月号 Vol.35 No.1
生命の複雑性と個別性に挑む オープンシステムサイエンス
新しい発見を新しい研究スタイルで

桜田一洋/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート