News & Hot Paper Digest
トピックス

インシリコ代謝モデルの可能性ー個別化医療・創薬応用に向けて

京都大学大学院医学研究科臨床システム腫瘍学 荒木通啓

ト細胞の代謝状態の変化やそれに伴うヒト組織機能の異常は,糖尿病・肝臓病・循環器病・がんなど多くの生活習慣病に関連していることが指摘されている.近年のオミクス・ハイスループットデータのプロファイリングなどシステム解析技術の進展により,こうした代謝状態の変化と疾病表現型の関連性が明らかになりつつある.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年6月号 Vol.35 No.9
糖鎖がついにわかる!狙える!
診断薬・治療薬イノベーションを導く生命鎖

植田幸嗣,久野 敦/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート