News & Hot Paper Digest
トピックス

マクロファージが決めるゼブラフィッシュの縞模様

米国国立衛生研究所(NIH) 向山洋介

生期の血球細胞の分布を見ると,原始赤血球とともに組織マクロファージが胎児(仔)全体に幅広く存在していることが知られている.脳・脊髄に局在する組織マクロファージであるミクログリアや,皮膚の表皮中に局在するランゲルハンス細胞の一部など,さまざまな組織に局在する組織マクロファージが胎生初期の卵黄嚢ミエロイド前駆細胞に由来することが報告されている(実験医学2015年6月号News & Hot Paper Digest参照).興味深いことに,組織マクロファージは貪食細胞や炎症細胞としての役割に加えて,組織の発生や再構築に何らかの機能を果たしていることが示唆されている.今回,バージニア大学のEomとParichyは,ゼブラフィッシュの縞模様形成において,マクロファージが色素胞(色素細胞)の配置を制御するしくみを報告した(Eom DS & Parichy DM:Science, 355:1317-1320, 2017).そのしくみは,マクロファージがまさに郵便配達人のごとく,相離れた色素胞をつなげるのである.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年6月号 Vol.35 No.9
糖鎖がついにわかる!狙える!
診断薬・治療薬イノベーションを導く生命鎖

植田幸嗣,久野 敦/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート