News & Hot Paper Digest
トピックス

炎症性細胞死の新知見ー死にゆく細胞の延命法

大阪大学大学院医学系研究科細胞生物学 森脇健太

の死が避けられないように細胞もいつかは死ぬこととなる.いくつかある細胞の死に方の1つであるネクローシスは細胞の破裂を特徴とし,これまでその誘導機構は不明であった.というよりも細胞はそのような誘導機構を持ってすらいないと考えられていた.しかし近年,TNF(腫瘍壊死因子)や細菌・ウイルス成分の刺激により細胞膜の破裂を伴う細胞死が誘導されるということが明らかとなり,この細胞死は「ネクロプトーシス」とよばれている.その分子機構は現在までのところ,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年8月号 Vol.35 No.13
いま、生命科学と医学研究の明日を考えよう
ブレークスルーはあなたの中に!

実験医学編集部/企画,水島 昇/協力