News & Hot Paper Digest
トピックス

タンパク質脱リン酸化酵素の“えこ贔屓” 2A型ホスファターゼPP2A-B55はセリンよりスレオニンがお好き

広島大学大学院先端物質科学研究科・健康長寿研究拠点 登田 隆,湯川格史

ンパク質脱リン酸化酵素はその基質特異性から,セリン・スレオニン型,チロシン型などに分類される1).筆者は本論文2)を読むまで,リン酸化セリンとリン酸化スレオニンに機能的相違があるとは考えてもみなかった.ところが

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年2月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年2月号 Vol.36 No.3
「病は気から」の謎に迫る Neuroimmunology
ストレス・痛み・神経疾患と炎症・免疫反応のクロストーク

井上 誠/企画

新刊・近刊  一覧

微生物学
いま、本格化する 遺伝子治療
PAIN—痛み
はじめの一歩の薬理学 第2版
生理学・生化学につながる ていねいな化学
iPS細胞のいま
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート