News & Hot Paper Digest
トピックス

微生物の浮き輪を利用した超音波マイクロバイオーム解析技術の開発

東京農工大学大学院工学府生命工学専攻 養王田正文

々の微生物の細胞質内にオルガネラのようなナノ構造体が存在することが知られている.真核生物のオルガネラとは異なり,その構造体の外殻は脂質ではなくタンパク質で構成される.微生物ナノ構造の代表的な存在がカルボキシソームである1).カルボキシソームはカーボニックアンヒドラーゼ(炭酸脱水酵素)とRubisCOを含有し,局所的にCO2濃度を上げることで炭酸固定能を上げている.ガス胞(gas vesicle)とよばれるナノ構造体は空洞であり,光合成微生物が浮き輪として利用している2).以前,Shapiroたちは,ガス胞が超音波に応答することを報告した3).マイクロバイオームはわれわれの健康に大きく関係することが明らかになっており,微生物を腸の病気やがんの治療に利用する医療が提案されている.この医療技術を開発するためには導入した微生物の腸内での局在や密度を検出することが必要である.しかし,一般的な光学的技術で腸内の微生物を解析することは困難である.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年4月号 Vol.36 No.6
一次繊毛の世界
細胞から突き出した1本の毛を巡る論争

井上尊生/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート