News & Hot Paper Digest
トピックス

腫瘍内微小環境では窒素源としてアンモニアが再利用される?

金沢大学がん進展制御研究所 河野 晋

ん細胞は,増殖のために炭素,窒素,硫黄の源となる栄養素グルコース,グルタミンなどを大量に消費して,必要とされる核酸,脂質,タンパク質などのバイオマスを生合成する.窒素源としてのグルタミンは,核酸合成における窒素のリザーバーとして機能している.グルタミンは,グルタミナーゼ(GLS)によりアンモニアとグルタミン酸に代謝され,グルタミン酸もまたプロリン,アスパラギン酸,分岐鎖アミノ酸の窒素源としてさまざまな経路で代謝される.一方で,グルタミン酸は,グルタミン酸デヒドロゲナーゼ(GDH)によりアミノ基が取り除かれアンモニアとして排出され,また生成したα-ケトグルタル酸(α-KG)が炭素源として利用される.このように,グルタミンを代謝する過程で,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年4月号 Vol.36 No.6
一次繊毛の世界
細胞から突き出した1本の毛を巡る論争

井上尊生/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート