News & Hot Paper Digest
トピックス

クライオ電顕による小さなタンパク質の構造解析法

東京大学大学院農学生命科学研究科 佐々木栄太

ライオ電子顕微鏡を用いたタンパク質の構造解析法は,近年急速な進歩を遂げ,リボソームなどの巨大で複雑なタンパク質構造を原子分解能で解き明かすほどに強力な手法となっている(本号の特集を参照).しかし,意外かもしれないが,50 kDa以下の比較的小さなタンパク質粒子をクライオ電顕で可視化・分析することはいまだ困難である.ヒトプロテオームに数多く存在するサイズ50 kDa以下のタンパク質構造を結晶化に頼らず,クライオ電顕で解くにはどうすればよいのだろうか? 今回,この課題を解決しうる興味深い手法が,UCLAのTodd Yeatesのグループから報告されたので紹介したい.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年5月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年5月号 Vol.36 No.8
クライオ電子顕微鏡で見えた生命のかたちとしくみ

井上尊生/企画
サイドメニュー開く

TOP