News & Hot Paper Digest
トピックス

出芽酵母のINO80複合体による新規のヌクレオソームスライディング機構

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 古久保哲朗

製・修復・組換え・転写など,DNA上で起こるさまざまなイベントが適切に進行するためには,クロマチンの構造変換が重要である.この構造変換には,ATP依存的に働く4種類の複合体(ISWI,CHD,SWI/SNF,INO80)が関与するが,なかでもINO80はヒストンバリアントの交換とヌクレオソームのスライディング反応を触媒する興味深い因子である1).他の複合体もスライディング反応を触媒するが,その分子機構の違いについては,いまだ不明な点が多い.今回,Narlikarらは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年5月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年5月号 Vol.36 No.8
クライオ電子顕微鏡で見えた生命のかたちとしくみ

井上尊生/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート