実験医学 2018年5月号 Vol.36 No.8

クライオ電子顕微鏡で見えた生命のかたちとしくみ

  • 佐藤主税/企画
  • 2018年04月20日発行
  • B5判
  • 143ページ
  • ISBN 978-4-7581-2507-9
  • 定価:2,000円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内
PDFダウンロード
《企画者のことば》

構造生物学は今激動の時代にある.溶液中に分散したタンパク質を凍らせるだけで観察できるクライオ電子顕微鏡(電顕)が進化し,単粒子構造解析法が原子分解能に到達した.この方法は試料の結晶化を必要としないため,難結晶性なタンパク質でも,精製品が少量あるだけで構造決定への道が拓かれることを意味する.現状では,はっきり写る大きなタンパク質を得意とする方法であるが,解析可能な分子量も下がってきている.例えば,比較的小さな分子であるGPCRなどでも解析例が出はじめており,将来創薬ターゲットタンパク質の多くが解析可能な領域に入ると期待される.本クライオ電顕特集では,単粒子解析法と(電子線)トモグラフィー法の原理とその現状を解析例と共に解説し,システム利用のコツ・専門家なら知っている常識・システム導入の注意点も説明したい.

今これまで見ることができなかった様々なタンパク質の高分解能構造が,クライオ電子顕微鏡を用いることで次々と明かされています.何が見えるようになったのか,さらにそこから何が分かるのかまで研究事例ごとに紹介します.

目次

特集

クライオ電子顕微鏡で見えた生命のかたちとしくみ
企画/佐藤主税
概論―クライオ電顕が構造解析に革命を起こしている【佐藤主税】
構造生物学は今激動の時代にある.溶液中に分散したタンパク質を凍らせるだけで観察できるクライオ電子顕微鏡(電顕)が進化し,単粒子構造解析法が原子分解能に到達した.この方法は試料の結晶化を必要としないため,難結晶性なタンパク質でも,精製品が少量あるだけで構造決定への道が拓かれることを意味する.現状では,はっきり写る大きなタンパク質を得意とする方法であるが,解析可能な分子量も下がってきている.例えば,比較的小さな分子であるGPCRなどでも解析例が出はじめており,将来創薬ターゲットタンパク質の多くが解析可能な領域に入ると期待される.本クライオ電顕特集では,単粒子解析法と(電子線)トモグラフィー法の原理とその現状を解析例と共に解説し,システム利用のコツ・専門家なら知っている常識・システム導入の注意点も説明したい.
膜タンパク質複合体のためのクライオ電顕用試料作製と単粒子解析【光岡 薫,横山 謙】
クライオ電子顕微鏡を用いた単粒子解析は,X線結晶構造解析やNMRと並んで,原子モデルを決定できる構造解析手法である.そこで現在,結晶化などが困難なことが知られている膜タンパク質や複雑な構造からなる複合体への適用が進められている.本稿では,そのための試料作製法についてわれわれのV-ATPaseにおける適用例を示す.そして,その画像解析と原子モデル作成手順についても紹介し,V-ATPaseの構造解析結果から機能中の複数の構造を分類して解析できる動的構造解析法という単粒子解析の一つの特徴について述べる.
クライオ単粒子解析法におけるハード面での進歩【岩崎憲治】
クライオ電子顕微鏡による近原子分解能解析が相次ぐようになった大きな要因は,ハードウェアの急激な進歩にある.特に分解能の劇的な改善は電子直接検出器の登場によるものである.加えて,データの量産が可能になったのは,クライオ電子顕微鏡に特化したハイエンドのマシンの登場によるところが大きい.本項では,ハードウェアに焦点を当て,最も解析の容易な正二十面体ウイルスキャプシドの解析がそれによってどう改善されてきたか,一方,最も扱いの難しい膜タンパク質についてはどのような成果を出してきたかを解説する.
クライオ電子顕微鏡法を支える画像解析と三次元像構築ーその原理と最近のソフトウェアの発展【安永卓生,荒牧慎二】
クライオ電子顕微鏡法は,水和した状態で急速凍結した生体試料を,そのまま電子顕微鏡で観察する方法である.得られた電子顕微鏡像は,それぞれの試料の投影像であるが,さまざまな方位からの撮影により,「中央断面定理」に従い,三次元像を再構築できる.その方法には,主として3つの方法があり,それぞれ単粒子解析法,電子線結晶法,電子線トモグラフィー法,とよばれる.いずれも一長一短はあり,得られる構造の分解能や画像の特性にも違いがある.本稿ではそれらを支える画像処理法の原理と最近のソフトウェアの現状について報告する.
クライオ電顕でリボソームの構造と動きを解き明かす【横山武司】
歴史的に,タンパク質合成工場であるリボソームの「かたち」は,透過型電子顕微鏡を用いた観察によってもたらされた.その後,クライオ電子顕微鏡法の開発と,画像分類技術を駆使した単粒子解析法の発展に伴って,リボソームが構造を変化させながら機能する際の,「動き」を解析できるようになった.本稿では,リボソームの電子顕微鏡による構造解析の歴史と近年の進展,構造解析の実際を紹介する.
X線とクライオ電顕で微小管モーターの動きに迫る【仁田 亮】
分子モーターキネシンは,細胞骨格である微小管上を能動的に動き,細胞内物質輸送を司る.われわれはX線結晶解析法およびクライオ電子顕微鏡法を併用し,その分子機構解明をめざして来た.これら構造生物学的手法は,試料を急速凍結することにより時間を止め,高分解能立体構造,つまり精密な「静止画」を得ることが可能である.われわれは,この静止画のコマ数を増やして行くことにより,連続写真のようなナノモーターの精密な「動画」を捉えることに成功した.それによりキネシンは分子のゆらぎを巧みに利用し,ブラウン・ラチェット機構により確率的に前進するモデルを示した.
アクチン線維の構造解析の歴史とこれから【成田哲博】
アクチンは真核細胞のなかで細胞運動,細胞分裂,細胞骨格など非常に多彩で重要な役割を担っている多機能線維である.アクチン線維の構造解析は60年の長きにわたって続けられており,その歴史は電子顕微鏡による構造解析法の歴史とともにある.本稿では,この歴史を概観するとともに,得られた分解能ごとにわかってきたこと,アクチン線維の構造解析の現状についてまとめたい.
三次元結晶,単粒子複合解析による膜タンパク質の構造ー荷電・プロトン化状態,構造変化・多型を可視化する【米倉功治,眞木さおり】
電子線はX線に比べて,10万倍も強く試料と相互作用する.このことは,X線回折では信号を得ることができない微小な結晶からのデータ測定や,タンパク質一分子の実像の取得に繋がる.また,同じ原子でも電荷を持ったものと中性のものからの散乱は大きく異なるため,試料の荷電状態を反映する構造情報が得られる.以上の特徴を活かして,われわれは,膜タンパク質の膜内機能部位の電荷やプロトン化状態の可視化に成功した.さらに,構造解析が難しかった分子量の大きくないイオンチャネルの構造を,結晶解析と単粒子解析を組み合わせ決定することができた.この解析では,このチャネルタンパク質が採る異なるコンフォメーションの構造も明らかになった.
細胞運動を電顕でとらえるークライオトモグラフィー法による運動性繊毛の構造解析【石川 尚】
クライオトモグラフィー法では無染色・氷包埋状態の細胞や小器官を2nm 程度の空間分解能で三次元可視化することができる.われわれは真核細胞の繊毛の三次元構造をこの手法で再構成し,微小管二量体上のくり返し構造とサマリーでは対称性を利用して平均化(サブトモグラム平均)することでダイニン・モータータンパク質や調節タンパク質の局在を明らかにした.さらにサブトモグラムの三次元画像分類を用いてATP加水分解によるダイニンの構造変化を明らかにした.本稿ではクライオトモグラフィー法の技術的背景を解説し,将来の展望も概観する.
巨大ウイルスの構造解析ークライオ電子顕微鏡の新たな挑戦【岡本健太,村田和義】
今世紀に入り巨大ウイルスの発見が相次いでいる.全長が数μmにも達するこれらウイルスは,細胞性生物の特徴をも併せもち,われわれがこれまで経験のしたことのない生命群が存在することが明らかになってきた.しかし,その大きさは光学顕微鏡的には小さく電子顕微鏡的には大きいため,これまで正確な構造研究はほとんど行われてこなかった.われわれはクライオ電子顕微鏡の新たな挑戦として巨大ウイルスのより精密な構造解析を行っている.本稿ではその研究の一端を解説し,クライオ電子顕微鏡技術のさらなる可能性を展望する.

連載

News & Hot Paper Digest
ヒトゲノムの稀な多型が遺伝子発現に及ぼす影響【中山一大】
出芽酵母のINO80複合体による新規のヌクレオソームスライディング機構【古久保哲朗】
細胞分裂過程のビッグデータ解析ー線虫の非対称分裂はシステム浮動により進化した【木村 暁】
クライオ電顕による小さなタンパク質の構造解析法【佐々木栄太】
NIH助成金がほぼすべての新薬開発に寄与ーベントレー大学の研究班が報告【MSA Partners】
カレントトピックス
“Sit down and be quiet”ーパラアミノ安息香酸は歯周病菌へのメッセンジャー【久保庭雅恵,坂中哲人,天野敦雄】
翻訳途上の新生ポリペプチド鎖が引き起こすリボソームの不安定化とその生理的意義【茶谷悠平,千葉志信,伊藤維昭,田口英樹】
抗がん剤をがん周囲に滞留させて副作用を下げ,抗がん活性を上げる【石原 純,石原亜香,Jeffrey A. Hubbell】
コラーゲン線維はYAP/TAZ活性を誘導し成体腸管上皮細胞の胎仔性獲得を促進する【油井史郎,中村哲也,渡辺 守,Stefano Piccolo, Kim Jensen】
ヒト栄養膜幹細胞の樹立【岡江寛明,有馬隆博】
クローズアップ実験法
CRISPR-Cas9システムを応用した遺伝子の高効率な光操作法【佐藤守俊】
創薬に懸ける~日本発シーズ、咲くや?咲かざるや?
グローバル・バイオ医薬品レノグラスチムの開発【浅野茂隆】
私の実験動物、やっぱり個性派です!
ウーパールーパーを使った器官再生研究ー有尾両生類界で今話題(?)のマッドサイエンティストになるまで【蒔苗亜紀,佐藤 伸】
見せる、魅せる!研究3DCGアニメーション入門
動くCGは生命科学の新たなスキーム【太田 将】
ラボレポート独立編
中国でPIやってるけど何か質問ある?ーSchool of Life Sciences, Fudan University【服部素之】
Opinion
医学部から「実験医学」者へ【小山-本田 郁子】
バイオでパズる!
この文字列はなに?【山田力志】

関連情報

特集:クライオ電子顕微鏡で見えた生命のかたちとしくみ Online Supplemental Data

本書中に掲載された広告をご紹介します.

掲載広告一覧

(株)朝倉書店  [後付4]詳細
岩井化学薬品(株)  [後付8]詳細
エッペンドルフ(株)  [記事中1380]詳細
十慈フィールド(株)  [表3]詳細
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)  [表4]詳細
(株)ダイナコム  [後付3]詳細
(株)東京化学同人  [後付2]詳細
(株)夏目製作所  [後付7]詳細
(株)ニッピ  [後付1]詳細
日本電子(株)  [前付1]詳細
ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン(株)  [表2]詳細
プロメガ(株)  [前付6]詳細
広告代理店
株式会社エー・イー企画
101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-4 岩波書店一ツ橋別館4F
TEL 03(3230)2744(代表)/ FAX 03(3230)2479
E-mail:adinfo@aeplan.co.jp URL:http://www.aeplan.co.jp/

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:クライオ電子顕微鏡で見えた生命のかたちとしくみ
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +160円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +690円
第2地帯(ヨーロッパ) +690円
第3地帯(アフリカ、南米) +890円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103398
  • 9784758103367
  • 9784758100922
  • 9784758120500
  • 9784897069432
  • 9784897069449
  • 9784758101752

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
  • 医書.jp