News & Hot Paper Digest
トピックス

複製フォークの異常が自己炎症性疾患を引き起こす

国立遺伝学研究所 鐘巻将人

カルディ・グティエール症候群(Aicardi–Goutières syndrome:ASD)は脳症,肝臓や脾臓肥大を特徴とする劣性遺伝病で,インターフェロン(IFN)高発現による慢性自己炎症により引き起こされる1) .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年12月号 Vol.36 No.19
RNAが修飾される!エピトランスクリプトームによる生命機能と疾患の制御

五十嵐和彦,深水昭吉/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート