News & Hot Paper Digest
トピックス

複製フォークの異常が自己炎症性疾患を引き起こす

国立遺伝学研究所 鐘巻将人

カルディ・グティエール症候群(Aicardi–Goutières syndrome:ASD)は脳症,肝臓や脾臓肥大を特徴とする劣性遺伝病で,インターフェロン(IFN)高発現による慢性自己炎症により引き起こされる1) .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年12月号 Vol.36 No.19
RNAが修飾される!エピトランスクリプトームによる生命機能と疾患の制御

五十嵐和彦,深水昭吉/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート