News & Hot Paper Digest
トピックス

硬い地面を掘り進む!がん硬化と集団浸潤

北海道大学大学院先端生命科学研究院 石原誠一郎

ん,特に固形がんでは,その名前が示す通り組織が硬化していることが多い(「癌」はやまいだれに岩の意味をもつ「嵒」を組合わせた漢字である).近年,がん組織中のがん細胞は周辺組織の硬さを認識して悪性化することがわかってきた.さらに硬化による悪性化に寄与する分子として転写因子YAPなどが同定されてきた.現在はそれらの分子をターゲットとしたがん治療薬の開発が期待されている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年12月号 Vol.36 No.19
RNAが修飾される!エピトランスクリプトームによる生命機能と疾患の制御

五十嵐和彦,深水昭吉/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート