News & Hot Paper Digest
トピックス

無痛マウスは黄色ブドウ球菌性肺炎で死なない?

免疫学フロンティア研究センター 丸山健太

類が最もよくかかる病気として知られている「かぜ症候群」が,開業医を忙しくさせる季節がやってきた.彼らは,せき込む若い患者の喉をのぞき込んで発赤した咽頭を一瞥した後,何の異常もなさそうな肺の音に耳を傾ける.そしてほとんどの症例において,この病気を数日以内に気道が勝手に克服してくれている現実を思いだしては,ヒトの気道免疫系が洗練されすぎていることに感嘆の溜息をつくのである.これに対し,「人生の最終段階」を迎えた患者を扱う老年医療の現場では,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年12月号 Vol.36 No.19
RNAが修飾される!エピトランスクリプトームによる生命機能と疾患の制御

五十嵐和彦,深水昭吉/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート