News & Hot Paper Digest
トピックス

テストステロンが雄マウス胎仔をDNA複製ストレスから守る!?

国立遺伝学研究所 鐘巻将人

DNA複製ストレスが引き起こすゲノム不安定化の影響は細胞レベルでは比較的よく研究されているが,胎仔発生時における影響はそれほど研究されていない.長年,コーネル大学Schimentiらのグループは複製ヘリカーゼMCM2–7に変異をもつマウスの表現型を解析してきた.彼らが同定したMCM4Chaos3変異(MCM4C3)をもつマウスはMCM2–7の発現低下が起き,休眠複製開始点(通常のDNA複製では使われない複製開始点)の数が低下,複製ストレスに脆弱になり微小核形成を伴うゲノム不安定化を誘発することで高頻度発がんに至る1)2).同グループは,他のMCM遺伝子の片アリルが欠損したマウスも作成しており,MCM4C3と他MCM遺伝子片アリル欠損の組合せは,胎仔のすべてあるいは一部が致死になることを報告している3).今回紹介する論文では,これらの胎仔では,DNA複製ストレスによるゲノム不安定化が微小核(細胞核とは別の小型の核)形成を促進し,その結果炎症反応が起きて,特にメス胎仔マウスの致死率が上昇していることを報告している4)

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年6月号 Vol.37 No.9
細胞内の相分離
タンパク質や核酸分子を整理し、反応の場を作り、生命を駆動する

加藤昌人,廣瀬哲郎/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
発光イメージング実験ガイド
AIとがん研究 その妥当性、有効性
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
食品衛生学 改訂第2版
がん生物学イラストレイテッド 第2版
HLAと疾患感受性
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート