News & Hot Paper Digest
トピックス

代謝プロセス調節により心不全を抑制

MSA Partners

オハイオ州立大学医学部および同大ウェックスナー医療センターの研究班は,心不全の進行抑制や予防につながりうる心臓内の代謝プロセスを発見し,Circulation誌に2019年3月26日付で発表した(Goldenberg JR, et al:Circulation, doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.119.039610. 2019).

心臓は,一連の脂肪代謝によってエネルギーをつくり出し,血液を体中に押し出すポンプの機能を維持している.機能不全に陥った心臓では,代謝のリモデリングと脂肪の毒性化が生じている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年6月号 Vol.37 No.9
細胞内の相分離
タンパク質や核酸分子を整理し、反応の場を作り、生命を駆動する

加藤昌人,廣瀬哲郎/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート