News & Hot Paper Digest
トピックス

再生医療とリハビリテーションの融合

京都大学大学院医学研究科 青山朋樹

ハビリテーション(rehabilitation)の語源は「re=再び,habilitus=適応,ation=すること」で「再び能力をもたせる,再び環境に適応できるようにする」といった意味をもつ.言葉だけを見ても再生医療(regenerative medicine)と似ており,同様の目的を有しているのがわかる.しかしながら,これまでリハビリテーションが対象にしていたのは,社会,人間個体,臓器といった階層であり,再生医療が対象にしてきた分子,細胞,組織といった階層とは交わらないものであった.しかしながら再生医療の臨床応用が進み,またリハビリテーションの効果が分子レベル,細胞レベルで示されるのにしたがって,両者はいよいよ交わることとなった.さらに,再生医療とリハビリテーションを併用することによるシナジー効果が示されるに至り,regenerative rehabilitation(再生リハビリテーション)といった概念も生まれ,再生医療とリハビリテーションの新たな融合が示されるようになった(Rando TA & Ambrosio F:Cell Stem Cell, 22:608, 2018).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年8月号 Vol.37 No.13
最も修復しにくい臓器 中枢神経を再生せよ!
炎症・グリア・臓器の連環が織りなすメカニズムから機能回復に挑む

山下俊英/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート