News & Hot Paper Digest
トピックス

N型糖鎖の脱離で活性化する転写因子

岐阜大学 生命の鎖統合研究センター(G-CHAIN) 木塚康彦

鎖の付加は最も豊富な翻訳後修飾である.タンパク質上の糖鎖構造はきわめて複雑であり,あるときには疾患や細胞種のマーカーになる.筆者を含めた糖鎖生物学の研究者は,「この糖鎖が付加されるとこのタンパク質の機能はどう変わるか」,「どのようにタンパク質の機能を糖鎖が制御しているのか」,そればかりを考えて日々糖鎖と格闘している.そんな中,糖鎖をタンパク質から脱離することによって転写因子が活性化されるという驚くべき報告がなされた(Lehrbach NJ, et al:Cell, 177:737-750, 2019).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年8月号 Vol.37 No.13
最も修復しにくい臓器 中枢神経を再生せよ!
炎症・グリア・臓器の連環が織りなすメカニズムから機能回復に挑む

山下俊英/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート