News & Hot Paper Digest
トピックス

ノックインを行う新奇CRISPR!?

産業技術総合研究所生物プロセス研究部門植物機能制御研究グループ 菅野茂夫

来DNAをゲノムの狙った箇所に導入する「ノックイン」実験は,相同組換えのためにゲノムと相同領域をもつベクターを構築したり,ゲノム編集技術CRISPR-Cas9などを利用してタイミングよくDNAを切断したりする必要があるため,実験がたいへんである.そのうえ効率も高くない.どこかに高効率なノックイン手段はないものか….いっそ,CRISPR-Cas9に外来DNAを運ばせてしまえばよいのでは? そういう夢想をすることはないだろうか.じつは,ブレイクスルーが「新しいCIRSPR系の探索」から生まれようとしている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年10月号 Vol.37 No.16
AIとがん研究 その妥当性、有効性
ゲノム・エピゲノムから細胞・医用画像まで

浜本隆二/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート