News & Hot Paper Digest
トピックス

細胞膜の構造を決定する新たな機構

京都大学大学院工学研究科 原 雄二

れわれの体や器官を構成する細胞は多様な構造をとる.例えば神経細胞は,細胞体,樹状突起,軸索など特異な構造を有しており,その構造決定には細胞膜の曲率調節などさまざまな因子がかかわるとされてきた.細胞膜の曲率を変化させる機構として,これまでBAR(Bin/amphiphysin/Rvs)タンパク質等が膜に結合し,その一部が膜に挿入されることで変形をもたらすと考えられてきた.しかし細胞質内タンパク質がどのように細胞膜変形をもたらすか,いまだその全容は明らかではない.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年12月号 Vol.37 No.19
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境

高倉伸幸/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート