News & Hot Paper Digest
トピックス

糖アルコールで筋ジストロフィーを治す!?

愛媛大学大学院医学系研究科医化学・細胞生物学講座 金川 基

リビトールはキシリトール系の糖アルコールで,バクテリア細胞壁タイコ酸の成分として知られているものの,脊椎動物に存在するとは考えられていなかった.ジストログリカンという基底膜受容体の糖鎖のなかにリビトールリン酸の形で存在することが突如として明らかになったのは2016年のことである.ジストログリカンの糖鎖異常は,ジストログリカン異常症とよばれる一群の筋ジストロフィーの原因になることが知られていたが,その原因遺伝子産物であるフクチン(FKTN),フクチン関連タンパク質(FKRP),イソプレノイドシンターゼドメイン含有タンパク質(ISPD)が,リビトールリン酸修飾に直接かかわることも同時に明らかになり,病態解明と治療法の開発に一筋の光が見えたことは記憶に新しい(詳しくは金川 基,戸田達史:実験医学増刊号「超高齢社会に挑む骨格筋ののメディカルサイエンス」,36:1238-1243,2018).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2020年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2020年12月号 Vol.38 No.19
イムノメタボリズムとT細胞の疲弊・老化
免疫機能不全を克服する新たなターゲット

山下政克/企画
サイドメニュー開く

TOP