News & Hot Paper Digest
トピックス

計算機による医薬品結合タンパク質の設計

産業技術総合研究所 富井健太郎

望の機能をもつ新規タンパク質を一から設計するにはまだ時間がかかるかもしれない.しかし,多種多様なタンパク質あるいはタンパク質-基質複合体の立体構造情報の蓄積などを背景として,計算機によるタンパク質の設計に関する研究は,徐々にだが着々と進んでいる.本稿では,低分子医薬品に結合する新規タンパク質の設計(Polizzi NF & DeGrado WF:Science, 369:1227-1233, 2020)について紹介する.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2020年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2020年12月号 Vol.38 No.19
イムノメタボリズムとT細胞の疲弊・老化
免疫機能不全を克服する新たなターゲット

山下政克/企画
サイドメニュー開く

TOP