News & Hot Paper Digest
トピックス

標的遺伝子が1つしかない転写因子の発見

横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 古久保哲朗

トβグロビン遺伝子座内には,胚型εグロビン鎖遺伝子,胎児型γグロビン鎖遺伝子,成人型δ/βグロビン鎖遺伝子が存在し,これらの遺伝子の発現は,同一のLCR(locus control region)が順次各プロモーターとループ構造を形成することにより,時期特異的に活性化されると考えられている

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2021年5月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2021年5月号 Vol.39 No.8
CRISPR最新ツールボックス
高効率・高精度なゲノム編集から遺伝子座の制御・検出まであなたの研究を拡張する!

山本 卓,佐久間哲史/企画
サイドメニュー開く

TOP