実験医学DIGITAL ARCHIVE

実験医学表紙画像

羊土社刊行の「実験医学」は,1983年の創刊以来,分子生物学と医学の進展と共に歩んでまいりました.30年にわたり500冊を越える号を刊行しておりますが,この数は膨大なもので,過去の号を振り返りたいと思ってもなかなかご覧になれない現状かと存じます.

研究の歴史を記録し,新たな展開を示すことこそが「実験医学」の使命と考え,「実験医学」月刊誌・増刊号のバックナンバーをデジタルデータとして復刻し,本サイトでPDF版をご提供しています.歴代のタイトルをお役立ていただけましたら幸いです.

執筆者の皆さまへ

生命科学の著しい進展により,日々新たな研究成果や新技術の開発が報告されております.株式会社 羊土社刊行の「実験医学」は,1983年の創刊以来,分子生物学と医学の最新の動向を伝え,その進展と共に歩んでまいりました.「実験医学」という媒体を通し,その歩みを振り返ってみると,科学は一朝一夕で成り立つものではなく,過去の偉大な研究や発明が礎となり,その上に新たな発見が蓄積し,現在の隆盛につながっていることを強く実感いたします.

「実験医学」は,創刊から30年の長きにわたり500冊を越える号を刊行してまいりました.この数は膨大なもので,弊社でも創刊当時の既刊は1冊あるいは少部数のみが保管されているという状況です.また「実験医学」の全ての号が所蔵されている施設は少なく,書店でご購入いただけるものも近年の発行号に限られておりますので,過去の号を振り返りたいと思ってもなかなかご覧になれない現状かと存じます.私ども株式会社 羊土社は,過去の研究の歴史を記録し,新たな展開を示すことこそが「実験医学」の使命と考え,弊社ホームページ内に「実験医学DIGITAL ARCHIVE」サイトを設置し,「実験医学」月刊誌・増刊号のバックナンバーをデジタルデータとして復刻いたしました.

近年の情報技術の進歩により,多彩な形態での情報配信が可能となりました.また生命科学分野で従事される方々にとって,ジャーナルやニュースをデジタルの媒体でご覧になられることが日常的に行われる時代となっております.その一方で,インターネットの普及に伴い,デジタル情報に対する著作権の保護,利用方法の管理が大きな課題となっております.弊社では「実験医学DIGITAL ARCHIVE」配信にあたり,デジタルデータの著作権保護を目的としたパスワードによる管理を行っております.管理方法ならびに閲覧制限の詳しい説明は,仕様をご覧ください.電子データの利用を適正に管理して著作物を安全に保護し,かつご購入いただいた方々に快適にご利用いただける環境改善を常に心がけてまいりたいと存じております.

なお「実験医学」に掲載する著作物の複製権,上映権,公衆送信権,翻訳・翻案権,二次的著作物利用権,譲渡権等は小社に譲渡されたものとさせていただきたく考えております.電子媒体としての二次使用に関する処理と管理を羊土社が適切に行い,生命科学の普及に役立つ多様な形態での情報提供を行う所存でおります.ご執筆者の皆さまにおかれましては,何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます.

私ども羊土社といたしましては,「実験医学」本誌ならびに「実験医学online」と「実験医学 DIGITAL ARCHIVE」が,バイオサイエンス研究の進展に少しでも貢献出来ますよう切に願っております.今後とも何とぞよろしくご愛読を賜りますよう,謹んでお願い申し上げます.

(2012年7月17日 更新)