550円

全能性パイオニア転写因子Nr5a2による胚性ゲノムの活性化

Zygotic genome activation by the totipotency pioneer factor Nr5a2
Gassler J, et al:Science, 378:1305-1315, 2022
小林 航,橘 菊江
Wataru Kobayashi/Kikuë Tachibana:Max Planck Institute of Biochemistry(マックス・プランク生化学研究所)
10.18958/7281-00003-0000488-00

胚性ゲノムの活性化とよばれる受精後初期の遺伝子発現は,胚発生の進行および細胞の分化全能性の獲得に必須の生命現象である.しかし,哺乳類における胚性ゲノムの活性化因子とその分子機構はわかっていなかった.われわれは,核内受容体ファミリーの一つであるNr5a2がパイオニア転写因子として機能し,マウスにおける胚性ゲノムの活性化を引き起こすことを明らかにした.

この記事は有料記事です

(残り約4,700文字)

  • 【スマホで読める実験医学】全能性パイオニア転写因子Nr5a2による胚性ゲノムの活性化
    550円

スマホで読める実験医学

関連書籍

実験医学2023年6月号 Vol.41 No.9

全身をつなぐ粘膜免疫のエコシステム

微生物の「共生」と「排除」を両立するしくみを解明し、疾患制御に挑む

  • 鎌田信彦/企画
  • 定価:2,530円(本体2,300円+税)