実験医学 2018年3月号 Vol.36 No.4

再発見!MYCの多機能性

グローバル転写因子として見直される古典的がん遺伝子

  • 奥田晶彦/企画
  • 2018年02月20日発行
  • B5判
  • 145ページ
  • ISBN 978-4-7581-2505-5
  • 定価:2,000円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内
PDFダウンロード
《企画者のことば》

c-Mycは細胞の活発な細胞増殖因子や,嫌気的代謝促進因子としてがん細胞の特質に大いにかかわっている遺伝子であり,その遺伝子産物であるc-MYCタンパク質はパートナー因子であるMAXと相互作用することで転写因子として機能する.本稿では,MYCの特集の巻頭として,c-Mycのバーキットリンパ腫の原因遺伝子としての発見から,c-Myc がきわめて多種多様な組織の腫瘍化にかかわることを可能にする分子基盤の解明,最近のトピックに至るまでのMYC研究の歴史について概説する.

がん遺伝子やiPS細胞誘導因子として知られるMYC.がんにおける働きのみならず,幹細胞維持や分化における働きなど多機能性をいかに制御しているのかが明らかに.転写制御機構から創薬標的の可能性までMYCの新しい姿をご紹介.

目次

特集

再発見!Mycの多機能性
グローバル転写因子として見直される古典的がん遺伝子
企画/奥田晶彦
概論―最近のMYC研究の世界の動向をふまえて【奥田晶彦】
c-Mycは細胞の活発な細胞増殖因子や,嫌気的代謝促進因子としてがん細胞の特質に大いにかかわっている遺伝子であり,その遺伝子産物であるc-MYCタンパク質はパートナー因子であるMAXと相互作用することで転写因子として機能する.本稿では,MYCの特集の巻頭として,c-Mycのバーキットリンパ腫の原因遺伝子としての発見から,c-Myc がきわめて多種多様な組織の腫瘍化にかかわることを可能にする分子基盤の解明,最近のトピックに至るまでのMYC研究の歴史について概説する.
MYC研究の歴史の原点ー造血器腫瘍におけるMYCの役割【杉原英志,石澤 丈,佐谷秀行】
MYCは約40年前にトリ白血病ウイルスで発見されたがん遺伝子であり,ヒトリンパ腫においてc-Mycの転座が同定された後,多くのがん種で異常が報告されてきたが,造血器腫瘍はMYCの歴史のいわば「原点」である.MYCは正常造血の増殖・分化のバランスを制御し,MYCの異常はそのバランスを破綻させ,発がんにつながる.また,MYCの高発現は患者の予後不良と相関があり,MYCを標的とした治療法が期待されている.本稿では最もMYCと関連がある造血器腫瘍に焦点を当て,がんにおける異常と役割について概説する.
神経内分泌腫瘍と脳腫瘍におけるMYCファミリー遺伝子ーp53ファミリー遺伝子との攻防【末永雄介,中川原 章,横井左奈】
MYCとp53はそれぞれ代表的ながん遺伝子,がん抑制遺伝子である.両遺伝子ともファミリー遺伝子をもち,がんではこの2つのファミリーが互いの機能を制御することで,がん促進とがん抑制の熾烈なせめぎあいが起こる.特に神経内分泌腫瘍や脳腫瘍においては,どちらのファミリーの制御が優勢になるかが,最終的に患者の生命予後に影響することが明らかになってきた.本稿ではp53ファミリー遺伝子との関係を中心に神経内分泌腫瘍と脳腫瘍におけるMYCファミリー遺伝子の機能を解説する.
c-Mycのユビキチン化制御機構とがん幹細胞における役割【木藤有紀,杉山成明,中山敬一】
ユビキチン化はタンパク質の量的制御を担う翻訳後修飾の一つであるが,c-Mycの量的制御に関してもユビキチン化が深くかかわっている.c-Mycのユビキチン化は分解制御機構に加え,ユビキチン化シグナルがc-Mycの安定化や転写活性化を制御するという例も示されはじめた.本稿では,c-Mycのユビキチン化機構を概説するとともに,がん幹細胞におけるc-Mycのユビキチン化を標的にした新規治療法についてわれわれの研究を紹介する.
MYCはがん代謝のマスターレギュレーターである【佐藤清敏,曽我朋義】
がん細胞は,解糖系の亢進など代謝を変化させていることが知られている.しかし,がんが代謝をシフトする詳しい分子メカニズムは不明であった.われわれは,大腸がん患者から採取された正常組織と腫瘍組織を用いたマルチオミクス解析を実施した.その結果,転写因子MYCががんにおいて少なくとも215種類の代謝反応を制御することにより代謝をリプログラミングしていることを見いだすとともに,MYCの標的であるピリミジン生合成経路が,有望な大腸がんの治療標的と成り得ることを明らかにした.
精子幹細胞の自己複製を促進するMYC/MYCNーMYC/MYCNを介した精子幹細胞の解糖系制御【田中 敬,篠原美都,篠原隆司】
精子幹細胞の自己複製分裂は個体が一生にわたり精子をつくり続ける基盤となる.これまでに精子幹細胞の自己複製分裂をMYCが制御する機構は不明であった.われわれはMyc(c-Myc)とMycn(N-Myc)を同時に破壊することで,Myc/Mycnによる精子幹細胞の糖代謝バランスの維持が自己複製分裂に重要であると明らかにした.さらに,解糖系を刺激するPS48を用いることで,これまで精子幹細胞の長期培養ができなかったマウスから,長期培養を誘導することに成功した.これは培養が困難である組織幹細胞の樹立を解糖系の刺激により克服した最初の例である.
ES細胞と生殖細胞におけるMyc-Max-Mgaネットワーク【鈴木 歩,奥田晶彦】
c-MYCは転写因子として細胞増殖促進などさまざまな生物学的機能を発揮するが,これらMYCの機能のほとんどはMYCタンパク質に対するパートナー因子であるMAXとの相互に依存している.MYCはがん細胞のみならずES細胞の未分化性維持にも深くかかわっている.一方MAXはMYC以外にも,MADファミリー転写因子群と相互作用し,この場合は転写に対して抑制的に働く.本稿では,ES細胞におけるMAXのMYCのパートナー因子としての役割,およびその他の役割について紹介する.
iPS細胞誘導におけるMYCの機能【中川誠人】
多能性幹細胞は体のなかにある細胞のほぼすべてに分化できる能力とほぼ無限に増えることができる能力から再生医療の材料として期待されており,実際に移植治療や創薬で活用されている.国内では特にiPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究と応用が進んでいる.iPS細胞は血液や皮膚の細胞といった分化した細胞を初期化することで作製できる多能性幹細胞である.つまり,自分の細胞を使って自分の治療に役立てることができるということになる.体細胞にいくつかの初期化因子を導入すると1カ月弱でiPS細胞に変化する.初期化因子のなかの1つにがん原遺伝子のMycが含まれている.樹立当初はc-Mycが用いられていたが,最近われわれはL-Mycが初期化に重要な働きをしていることを明らかにしており,より詳細な初期化のメカニズム解明を進めている.

連載

News & Hot Paper Digest
自律神経が前立腺がんの増殖を促進するしくみ【向山洋介】
コカインによる神経回路の変化を一網打尽にとらえる【宮道和成】
がんワクチンは温めて【柏木 哲】
転写因子IRF4 の欠失によるCD4+T細胞の機能不全が移植受容を促進する【董 金華,上田 宏】
海外留学への最初の一歩を踏み出そうー「留学のすゝめ2017」開催報告【赤木紀之,本間耕平,黒田垂歩,佐々木敦朗】
カレントトピックス
Low-complexity配列が引き起こす膜をもたない細胞内構造体の形成ークロスβポリマーと液-液相分離【加藤昌人】
神経細胞特異的メチル化解析から明らかになったアルツハイマー病におけるDNA修復の障害【間野達雄,岩田 淳】
ヒト多能性幹細胞を用いた人工腸管グラフトの作製【北野健太郎,Harald C. Ott】
精密高分子設計を基盤としたウイルスを用いないゲノム編集治療【内田智士,片岡一則】
Trend Review
bioRχivってなんだ?ープレプリントサーバことはじめ【金城 玲】
クローズアップ実験法
上皮細胞層における哺乳類細胞競合現象の観察方法【丸山 剛,藤田恭之】
Update Review
IP3受容体のチャネル開口機構の最新知見【濱田耕造,御子柴克彦】
未来をつなぐ風
世界へ羽ばたけ!海外日本人研究者コミュニティ
創薬に懸ける~日本発シーズ、咲くや?咲かざるや?
日本発HDAC阻害剤の発見ストーリー【上田博嗣】
私の実験動物、やっぱり個性派です!
究極のイクメン魚ータツノオトシゴ【川口眞理】
HFSP 30周年記念インタビュー
これからの基礎研究と研究費を考える―本庶 佑【提供/国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 国際事業部 国際連携研究課】
Campus & Conference 探訪記
生物も学会も共生で進化する!?ー日本共生生物学会(第50回日本原生生物学会・第1回日本共生生物学会合同大会)【守屋繁春】
ラボレポート独立編
愛すべきボスから逃げよう―Catch-22からの脱出ーUniversity of Texas Health Science Center at Houston【吉本桃子】
Opinion
多様な科学の目的ー好奇心と,実益と【藤原悠紀】
バイオでパズる!
がん遺伝子を探せ【山田力志】

関連情報

本書中に掲載された広告をご紹介します.

掲載広告一覧

岩井化学薬品(株)  [後付6]詳細
エッペンドルフ(株)  [記事中574]詳細
オリンパス(株)  [前付1]詳細
(一財)材料科学技術振興財団  [前付6]詳細
十慈フィールド(株)  [表3]詳細
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)  [表4]詳細
(株)ダイナコム  [後付3]詳細
(株)東京化学同人  [後付2]詳細
(株)夏目製作所  [後付5]詳細
(株)ニッピ  [後付1]詳細
ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン(株)  [表2]詳細
プロメガ(株)  [前付2]詳細
広告代理店
株式会社エー・イー企画
101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-4 岩波書店一ツ橋別館4F
TEL 03(3230)2744(代表)/ FAX 03(3230)2479
E-mail:adinfo@aeplan.co.jp URL:http://www.aeplan.co.jp/

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:再発見!MYCの多機能性〜グローバル転写因子として見直される古典的がん遺伝子
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +160円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +690円
第2地帯(ヨーロッパ) +690円
第3地帯(アフリカ、南米) +890円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758101677
  • 9784758103688
  • 9784758103633
  • 9784758101943
  • 9784758101998
  • 9784758101899
  • 9784758120166

電子書店で購入する

本書が販売されている主な電子書店をご紹介いたします.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
  • 医書.jp