実験医学 2018年6月号 Vol.36 No.9

がんは免疫系をいかに抑制するのか

免疫チェックポイント阻害剤の真の標的を求めて

  • 西川博嘉/企画
  • 2018年05月18日発行
  • B5判
  • 139ページ
  • ISBN 978-4-7581-2508-6
  • 定価:2,000円+税
  • 在庫:あり
書籍を購入する
実験医学誌 定期購読のご案内
《企画者のことば》

近年,外科的切除・化学療法・放射線療法といったがん自体を標的とする治療と異なり,宿主の免疫系を活性化することでがん細胞を攻撃,駆逐するがん免疫療法が注目を集めている.とりわけ免疫チェックポイント阻害剤とよばれるCTLA-4やPD-1といった免疫共抑制分子(免疫チェックポイント分子)に対するブロッキング抗体が多くのがん種に対して国内外で臨床応用が進んでいる.免疫チェックポイント阻害剤の臨床応用により,がんがさまざまな免疫抑制機構により免疫系からの攻撃を逃避していることが明らかになってきた.ここでは,本特集でとり上げるがんがもつ免疫抑制機構の研究および今後の臨床展開について概略を述べる.

西川博嘉(国立がん研究センター研究所)

企画者メッセージ

がんと免疫のデッドヒートはどこまで解明されたのか?抵抗性・併用療法のメカニズムから、免疫チェックポイント分子の進化的な意味まで、がん免疫療法の真の標的を追う!

目次

特集

がんは免疫系をいかに抑制するのか
免疫チェックポイント阻害剤の真の標的を求めて
企画/西川博嘉
概論―がん免疫が開くヒト免疫学新時代【西川博嘉】
近年,外科的切除・化学療法・放射線療法といったがん自体を標的とする治療と異なり,宿主の免疫系を活性化することでがん細胞を攻撃,駆逐するがん免疫療法が注目を集めている.とりわけ免疫チェックポイント阻害剤とよばれるCTLA-4やPD-1といった免疫共抑制分子(免疫チェックポイント分子)に対するブロッキング抗体が多くのがん種に対して国内外で臨床応用が進んでいる.免疫チェックポイント阻害剤の臨床応用により,がんがさまざまな免疫抑制機構により免疫系からの攻撃を逃避していることが明らかになってきた.ここでは,本特集でとり上げるがんがもつ免疫抑制機構の研究および今後の臨床展開について概略を述べる.
がん微小環境における免疫病態【河上 裕】
がん微小環境において,がん細胞は多様な機序により抗腫瘍免疫から逃避する.また免疫はがんの増殖浸潤を促進する場合もある.がん微小環境の免疫病態は,がん種,同じがんでもサブタイプごと,さらに症例ごとに異なり,さまざまながん治療の効果に関係する.がん免疫病態の個人差の原因として,がん細胞の遺伝子異常の違い,遺伝子多型に規定される患者の免疫体質,さらにさまざまな環境因子が関与する.がん微小環境の免疫病態の理解は,がんに対する理想的な個別化治療の開発につながる.
すべてはここから始まった,CTLA-4【横須賀 忠,若松 英, 古畑昌枝,豊田博子,秦 喜久美,矢那瀬紀子,町山裕亮】
エフェクターT細胞と制御性T細胞,活性型受容体と抑制性受容体など,免疫系は正と負のバランスのうえに成り立っている.抑制性副刺激受容体CTLA-4には,ホスファターゼではない独自の細胞内シグナル伝達経路があり,活性型受容体CD28への拮抗阻害を介した内在性のT細胞抑制機能がある.また制御性T細胞によるトランスエンドサイトーシスやトロゴサイトーシスを介したCTLA-4による外因性の抑制機構もわかってきた.抗CTLA-4抗体療法の分子メカニズムを理解し進展の鍵となるような,この2つの免疫制御機構に関して紹介する.
それでもわれわれがPD-1を捨てられない理由【石田靖雅】
最近のがん治療の研究により,活性化されたTリンパ球(T細胞)上に発現が誘導されるPD-1分子の機能を抗体で阻害すると,がん細胞中のゲノム変異に起因するネオ抗原への免疫応答が有意に回復することがわかった.このことは,裏を返せば,がん患者の体内では,PD-1によってゲノム変異由来抗原への免疫応答が強く抑制されていることを意味する.では,一体なぜ,PD-1はがん細胞に対する特異的な免疫応答を抑制しなければならないのだろうか?
制御性T細胞・ステロイド―異なる2つの観点からの“免疫抑制”【前田優香】
制御性T細胞(Treg)は自己免疫寛容を成立させるとともに過剰な免疫応答を抑制することで生体の恒常性維持に重要な役割を担っている.しかし,がん局所へのTregの浸潤が予後不良と相関すること,Treg除去は抗腫瘍免疫応答が惹起されることなどから,抗腫瘍免疫応答の抑制機構の一つにTregがあげられる.一部の効果的ながん免疫療法によりTregが除去され自己免疫が起こり,この自己免疫をコントロールするためにステロイドが用いられている.過剰に抑制が阻害されることによる弊害を免疫抑制で補うといった矛盾.これまで詳細に検討がなされていなかった“がん免疫療法とステロイド投与”の関係についての知見を報告する.
TAM・MDSCによる免疫抑制機構【吉永正憲,竹内 理】
マクロファージや単球,好中球は自然免疫系の中核を担う細胞群である.腫瘍内にはこれらの細胞が多く浸潤しているが,それらが存在しても免疫系の活性化にはつながらず,腫瘍排除に寄与するどころか,むしろ腫瘍増殖を助長する役割を果たす.本稿ではこのような腫瘍免疫を阻害する腫瘍随伴マクロファージ(TAM)や骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)とよばれる細胞群の起源や性質,またその免疫抑制機構について,これまでの知見を概説する.
がん局所の代謝改善による免疫抑制の解除【高塚奈津子,茶本健司】
抗原特異的T細胞の機能維持・長期生存は,がん免疫療法の奏功の鍵を握る.T細胞の分化や機能制御に,細胞内エネルギー代謝が重要な役割を担うことがわかってきた.しかしがん局所のT細胞はがん細胞との代謝競合や種々の免疫抑制機序により,活性に必要なエネルギー量を確保できず,代謝疲弊に陥っている.われわれの研究室ではT細胞の代謝改善薬の併用がPD-1阻害抗体療法の治療効果を向上することを見出した.本稿ではがんの代謝特性による免疫抑制機構および,代謝制御によるT細胞応答増強のコンセプトについて解説する.
新規がん免疫療法研究開発の「狂騒曲」【冨樫庸介】
がん免疫療法の1つであるPD-1/PD-L1やCTLA-4といった免疫チェックポイントを標的とした薬剤は多くのがんで効果が証明されているが,その効果は満足のいくものでなく,全く無効で副作用だけが出てしまうような症例も存在し,効果予測バイオマーカーやより効果を高める治療方法が求められている.より効果の高い治療をめざして世界中では「狂騒曲」のようにがん免疫療法の開発競争がなされており,細胞傷害性抗がん剤との併用,他の免疫チェックポイントを標的にしたような薬剤や免疫抑制性細胞を標的とした薬剤などが注目されている.しかし,生物学的,特に免疫学的な裏づけに伴うような層別化なしで開発を行うことに限界が生じつつあり,今後は生物学的な特性に基づくような,新しい治療戦略が必要である.

連載

News & Hot Paper Digest
天体観測の技術で生体内部の視界を開く【清末優子】
接触性皮膚炎の病態はわさびとからしの受容体で説明できる【丸山健太】
抗体による内在性タンパク質分解除去【鐘巻将人】
脳神経回路の結合配線ロジックは?【水谷治央】
アムジェン社 v. サノフィ社判決から窺える抗体医薬クレームの広さ【飯田雅人】
カレントトピックス
通性化学合成独立栄養好熱細菌における可逆的な始原的TCA回路の発見【布浦拓郎,力石嘉人,跡見晴幸】
多発性硬化症において,血中のエクソソームが制御性T細胞の分化 を抑制する【木村公俊,北條浩彦,山村 隆】
狙ったDNA塩基を直接変換,細菌ゲノムの高効率点変異・多重改 変技術【寺本 潤,坂野聡美,西田敬二】
FoxO転写因子はオートファジーやプロテオグリカン4調節を介して軟骨の恒常性や変形性関節症を制御する【松﨑時夫,Martin K. Lotz】
クローズアップ実験法
生物画像処理・解析を加速するImageJマクロプログラミング【加藤 輝】
Next Tech Review
RNA情報を編集する新たな遺伝子改変・制御技術【福田将虎,野瀬可那子】
見せる、魅せる!研究3DCGアニメーション入門
動け,CG!【太田 将】
私の実験動物、やっぱり個性派です!
オミクス解析にも応える実験動物ソメワケササクレヤモリ【原 雄一郎,清成 寛,工樂樹洋】
創薬に懸ける~日本発シーズ、咲くや?咲かざるや?
ユニークな創薬戦略により見出されたMEK阻害剤トラメチニブ【酒井敏行,山口尚之】
ラボレポート独立編
アメリカで魚類の進化発生のラボを運営するーDepartment of Genetics, Rutgers, TheStateUniversityofNewJersey―【中村哲也】
Opinion
海外大学院への進学という選択肢【水口智仁,落合佳樹,戌亥 海】
バイオでパズる!
バランスをとろう【山田力志】

関連情報

本書中に掲載された広告をご紹介します.

掲載広告一覧

アブカム(株)  [前付10]詳細
(株)医学書院  [後付5]詳細
(公財)上原記念生命科学財団  [後付8]詳細
エッペンドルフ(株)  [前付3]詳細
(株)高研  [記事中1512]詳細
ザルトリウス・ステディム・ジャパン(株)  [表3]詳細
(株)常光  [表4]詳細
(株)スクラム  [前付2]詳細
(株)ダイナコム  [前付1]詳細
(株)東京化学同人  [後付4]詳細
(株)ニッピ  [後付2]詳細
ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン(株)  [表2]詳細
(株)マトリクソーム  [後付3]詳細
リード エグジビション ジャパン(株)  [記事中1538-1539]詳細1 詳細2
広告代理店
株式会社エー・イー企画
101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-4 岩波書店一ツ橋別館4F
TEL 03(3230)2744(代表)/ FAX 03(3230)2479
E-mail:adinfo@aeplan.co.jp URL:http://www.aeplan.co.jp/

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:がんは免疫系をいかに抑制するのか〜免疫チェックポイント阻害剤の真の標的を求めて
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +160円
送料 +350円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +540円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +690円
第2地帯(ヨーロッパ) +690円
第3地帯(アフリカ、南米) +890円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

  • 9784758103565
  • 9784758120715
  • 9784758101431
  • 9784758101615
  • 9784758103633

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • M2PLUS eBookStore
  • VarsityWave eBooks
  • Kinoppy
  • 医書.jp