第1回 科研費が欲しい!研究費の概要と審査のしくみについて 3.科研費の現状は厳しいが,希望もある [科研費獲得の方法とコツ]

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回 科研費が欲しい! 研究費の概要と審査のしくみについて ~

3.科研費の現状は厳しいが,希望もある

前述の通り科研費は採択率が20~25%くらいだが,それでも民間の研究助成に比べて採択率は高いし,採択数も多い.しかも助成金額が2~3年間で300万円以上と,民間の助成金に比べて額も大きく,期間も長い.民間の研究助成は採択率が平均5~15%,助成金額は100万円が相場で,期間も1年間がほとんどである.やはり科研費は研究資金の基礎としての役割が非常に大きい.

図1

しかし,連載第1回から暗い話題で申し訳ないが,科研費の状況は年ごとに厳しくなっている(図1).平成20年度の科研費の採択状況が公表されているが,予算額の伸びにもかかわらず,新規応募分の採択率は過去10年間で最低で,春の採択時の段階では20.7%だった(秋の追加採択のあとで最終的に22.7%に上昇したけれど,これでも最低レベル).かつては4人に1人と言われていた採択率が,5人に1人のレベルにまでなっている.

これは年間85,000件くらいで推移していた新規応募件数が,平成17年頃から上昇して,平成20年度には過去最高の104,000件になったからだ.その間,新規採択件数は20,000~24,000件のままだったので,採択率が徐々に低下しているのだ.各大学は研究資金獲得に力を入れているので今後も応募件数は増加するだろう.

厳しい話だけでなく希望もある.平成21年度の科研費は38億円(直接経費19億円,間接経費19億円)の予算増加が認められており,特に基盤研究Cと若手研究Bの予算が増額する.科学技術振興は国の将来の基礎と位置付けられているので,今後も研究費の増額が期待できるかもしれない.

※データ・年次などは連載当時のものです.現在とは異なる場合があります

<12345>Page1/5


2015-16対応の改訂最新版!「研究目的」「学振」を大きく加筆!

科研費獲得の方法とコツ 改訂第4版

科研費獲得の方法とコツ 改訂第4版

児島将康/著

定価 3,800円+税, 2015年8月発行

詳細 購入

プロフィール

小島先生 写真
児島 将康(Masayasu Kojima)
’88年,宮崎医科大学大学院博士課程修了(医学博士).日本学術振興会特別研究員を経て,’93年,国立循環器病センター研究所生化学部室員,’95年より同室長.’01年より久留米大学分子生命科学研究所遺伝情報研究部門教授.研究テーマと抱負:研究テーマは生理活性ペプチドの探索と機能解明.グレリンを中心とした摂食・代謝調節の研究.残り少なくなった未知の生理活性ペプチドを1つでも発見して,グレリンのときのような興奮を味わいたい.
趣味:クラシック音楽.最近のお気に入りはHugo Wolf の歌曲.
座右の銘:師匠の松尾先生から受け継いだ言葉“Hitch your wagon to a Star!”高い望みを抱き,理想に燃えよ!