News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

Miat/Gomafuの逆襲

理化学研究所 中川真一

乳類の大脳皮質の形成過程において,自己複製をする前駆細胞(proliferating progenitors:PP)が部分的に運命決定を受けた前駆細胞(differentiating progenitors:DP)へと変化し,それらが最終分裂を行って神経細胞(Neuron:N)が生み出されるというプロセスが存在する(図3A).今回,ドレスデン工科大学のCalegariらのグループは,これらの

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年2月号 Vol.32 No.3
生活習慣か,遺伝か,腸内細菌か? 肥満克服のサイエンス
代謝の変容と脂肪細胞の制御から,最新治療まで

梶村真吾/企画