News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

翻訳速度調節機構と疾患
脆弱X症候群の例

東京工業大学大学院生命理工学研究科 田口英樹

DNA/RNAが有する遺伝情報から機能分子であるタンパク質を合成する翻訳反応は生命の営みを支える最も重要なプロセスの一つであることに異論はなかろう.翻訳の素反応の分子機構そのものについてはリボソームの結晶構造解明も含めて多くの知見が蓄積してきている.しかし,翻訳というのはmRNA内のコドンをリボソームが順番に読んでタンパク質を淡々と合成していくというわけではなく,その過程には一時停止(翻訳アレスト)や

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年6月号 Vol.32 No.9
代謝の主役に踊り出た 骨格筋ワールド
最大の代謝・内分泌器官が制御する全身性メカニズム

藤井宣晴/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート