News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ニッチ細胞の遺伝子変異が発がんを誘導する?
骨芽細胞の場合

金沢大学がん進展制御研究所 高橋智聡

瘍のオリジンとなる細胞が発がん・進展に必要な遺伝子変異を蓄積する以前に,周辺の細胞に遺伝子変異が起こり,それによって生じた周辺細胞由来の細胞増殖シグナルが恒常的にオリジン細胞に入り,発がん・進展を誘導するのではないかと推測された例として乳がんと乳腺ストローマ細胞の関係が挙げられる.乳がんのストローマ細胞からはPTENやp53遺伝子の変異が高頻度に観察されるという.コロンビア大Kousteni博士らの研究グループは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年6月号 Vol.32 No.9
代謝の主役に踊り出た 骨格筋ワールド
最大の代謝・内分泌器官が制御する全身性メカニズム

藤井宣晴/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート