News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

大脳皮質の層ごとに異なる方向選択性をもつ機能単位の発見

名古屋大学大学院創薬科学研究科 細胞薬効解析学分野 鈴木俊章,小坂田文隆

経の回路や活動を解き明かすための実験手法は,日々進化しながら神経科学の謎を一つひとつ解き明かしている.ゲノムから糖タンパク質Gを欠損させた狂犬病ウイルスを用いた経シナプストレーシング法もその1つである.2007年,G欠損狂犬病ウイルスを用いて脳スライス標本で標的細胞に単シナプス入力する細胞群の標識に成功した (Wickersham IR, et al:Neuron, 53:639-647, 2007).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2015年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2015年10月号 Vol.33 No.16
絡み合い、伝え合うオルガネラたち
膜接触を介した新しい輸送メカニズムと疾患

多賀谷光男/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート