News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

クラミジアワクチンにより解き明かされた粘膜免疫の謎

ハーバード大学/マサチューセッツ総合病院 柏木 哲

ラミジア(Chlamydia trachomatis)は最も罹患率の高い性感染症である性器クラミジアの病原体である.感染後に骨盤内炎症性疾患をひき起こし,不妊症や子宮外妊娠のほか,出産時の眼感染による失明の原因ともなる深刻な感染症である.WHOは特に発展途上国で骨盤内炎症性疾患とその後遺症予防のためのワクチン開発が重要との見解を示している.ところが,1960年代よりクラミジア死菌を使った不活化ワクチンの開発が試みられてはいたが,1年ほどで効果がなくなるばかりか,ワクチン接種後のクラミジア感染が重篤化した症例があるということが知られており,現在のところ有効なワクチンは存在しない.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2015年10月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2015年10月号 Vol.33 No.16
絡み合い、伝え合うオルガネラたち
膜接触を介した新しい輸送メカニズムと疾患

多賀谷光男/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート