News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース

アルツハイマー型認知症研究の支配権を巡る
大学間の裁判で暫定差し止め命令

リフォルニア州サンディエゴの州高等裁判所は2015年7月27日,アルツハイマー型認知症共同研究(Alzheimer’s Disease Cooperative Study,以下ADCS)とよばれる研究イニシアチブの支配権を巡る訴訟において,南カリフォルニア大学(USC)に対し,ADCSに関連するデータおよびシステムをカリフォルニア州立大学サンディエゴ校(UCSD)に返還するよう求める暫定差し止め命令を下した.

ADCSは,UCSDと米国国立衛生研究所(NIH)が主導し,1991年にはじまった産学官パートナーシップによる研究イニシアチブである.ADCSのもと,20以上のアルツハイマー型認知症研究センターが連邦政府や民間企業提供のグラントおよび研究資金を活用し,アルツハイマー型認知症を適応症とする医薬品候補を検証する臨床試験や研究を実施している.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2015年11月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2015年11月号 Vol.33 No.18
発生・器官形成、がん悪性化に関わる Hippoシグナル
創薬標的として高まるYAP/TAZへの期待

仁科博史/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート