News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

腫瘍微小環境に埋もれていた,新たなる希望

大阪大学微生物病研究所 木戸屋浩康

瘍組織中に張り巡らされた血管は,がん細胞に酸素や栄養分を与える経路として長らく考えられてきた.近年では,血管の形成を阻害するのではなく,腫瘍血管を抗がん剤の流入ためのパイプとして利用するという「血管正常化理論」も提唱されているが,がんの増大と血管の関連性に対しては疑う余地がない.

では,腫瘍血管の形成がどのように誘導されるかというと,腫瘍間質に存在するミエロイド系細胞の重要性が指摘されている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2015年11月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2015年11月号 Vol.33 No.18
発生・器官形成、がん悪性化に関わる Hippoシグナル
創薬標的として高まるYAP/TAZへの期待

仁科博史/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート