News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

アウェイで活躍!
低酸素呼吸応答を引き起こす嗅覚受容体

東京大学大学院農学生命科学研究科 宮道和成

覚は餌や天敵,異性を見つけだすのに重要な感覚である.外界のさまざまな匂い物質に対応できるように嗅覚受容体(odorant receptor:OR)遺伝子は多重遺伝子ファミリーを形成し,ヒトで396種類,イヌで811種類,ゾウでは1948種類にもおよぶ.この多様性はどのように進化してきたのだろう? ヒトを含む13種の哺乳類ゲノムを用いた解析によって,約1億年前に生息していた有胎盤類の祖先が少なくとも781種類のOR遺伝子をもっていたと推定されている.そして各系統において

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2016年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年3月号 Vol.34 No.4
病態を再現・解明し、創薬へとつなぐ 疾患iPS細胞
樹立より10年の時を経て難治疾患へ挑む

井上治久/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート