News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

プリン作動性シグナルにより
走化性を司るミトコンドリアの局所活性化

長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 谷村 進

化性は,化学誘因物質の濃度勾配に応じた細胞の移動であり,免疫細胞の効率的な感染,炎症部位への動員に必須である.Jungerらは,細菌性ホルミルペプチド(fMLP:N-formyl-methionyl-leucyl-phenylalanine)に応答した好中球の走化性において,ATPやアデノシンなどのプリン物質をリガンドとするプリン作動性シグナルが重要な役割を果たすことを提唱している

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2016年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年3月号 Vol.34 No.4
病態を再現・解明し、創薬へとつなぐ 疾患iPS細胞
樹立より10年の時を経て難治疾患へ挑む

井上治久/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート