News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

母体免疫活性化により誘導される胎仔脳形成異常の新しい展開

米国国立衛生研究所 向山洋介

娠中期における母体ウイルス感染により母体免疫活性化(maternal immune activation:MIA)が亢進すると,脳形成過程に影響を与えるばかりか,出生後に自閉症スペクトラム障害も伴うことが報告されている.事実,カリフォルニア工科大学のPattersonらは母体免疫活性化により母体中のIL-6およびIL-17産生が亢進し,マウス胎仔脳形成に影響を与えることを示唆している(Smith SE, et al:J Neurosci, 27:10695-10702, 2007/Hsiao EY, et al:Proc Natl Acad Sci U S A, 109:12776-12781, 2012).今回紹介する論文では,マサチューセッツ工科大学のChoiおよびニューヨーク大学のLittmanとHuhらが,母体免疫活性化によるIL-6産生がTh17細胞(IL-17を産生するヘルパーT細胞サブセット)に作用してIL-17a産生を亢進し,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年6月号 Vol.34 No.9
直径100nmのメッセンジャー エクソソームは診断・治療に革命をもたらすか?

吉岡祐亮,落谷孝広/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート