News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ベージュ細胞から分泌されるホルモン様物質は,代謝改善効果を示す

群馬大学生体調節研究所 佐々木 努

年,ヒト成人にもエネルギー消費臓器である褐色脂肪が存在することが明らかとなり,抗肥満治療開発への応用が期待されている.特に,白色脂肪細胞から誘導される褐色脂肪様のベージュ細胞は,カテコラミン刺激時にβ受容体-PKAシグナルを介して熱産生を行い,その代謝改善効果が着目されている.他方,白色脂肪組織は各種のアディポカインを放出する内分泌臓器だが,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年6月号 Vol.34 No.9
直径100nmのメッセンジャー エクソソームは診断・治療に革命をもたらすか?

吉岡祐亮,落谷孝広/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート