News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ベージュ細胞から分泌されるホルモン様物質は,代謝改善効果を示す

群馬大学生体調節研究所 佐々木 努

年,ヒト成人にもエネルギー消費臓器である褐色脂肪が存在することが明らかとなり,抗肥満治療開発への応用が期待されている.特に,白色脂肪細胞から誘導される褐色脂肪様のベージュ細胞は,カテコラミン刺激時にβ受容体-PKAシグナルを介して熱産生を行い,その代謝改善効果が着目されている.他方,白色脂肪組織は各種のアディポカインを放出する内分泌臓器だが,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年6月号 Vol.34 No.9
直径100nmのメッセンジャー エクソソームは診断・治療に革命をもたらすか?

吉岡祐亮,落谷孝広/企画

新刊・近刊  一覧

認知症 発症前治療のために解明すべき分子病態は何か?
実験医学増刊 Vol.35 No.10 がん代謝 ワールブルグを超えて全容解明に挑む
エピジェネティクス実験スタンダード
遺伝医学
実験医学増刊 Vol.35 No.7 生体バリア 粘膜や皮膚を舞台とした健康と疾患のダイナミクス
行動しながら考えよう 研究者の問題解決術
Rとグラフで実感する生命科学のための統計入門
実験医学増刊 Vol.35 No.5 数理モデル
実験で使うとこだけ生物統計1 キホンのキ 改訂版
実験で使うとこだけ生物統計2 キホンのホン 改訂版
演習で学ぶ生命科学 第2版
糖尿病 研究の“いま”と治療の“これから”
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍

用語解説

バイオキーワード集 新着 (7/14更新)

プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート