News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

細胞質側が手綱を引くミトコンドリア・細胞質間の翻訳同調

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 本田詩乃,武田弘資

胞内ATPの多くは,ミトコンドリアの内膜に存在する呼吸鎖複合体ならびにATP合成酵素による酸化的リン酸化によって産生される.4つの呼吸鎖複合体(Ⅰ〜Ⅳ)のうち複合体Ⅲと複合体Ⅳ,そしてATP合成酵素は,いずれも核ゲノムでコードされたタンパク質と,ミトコンドリアゲノムでコードされたタンパク質とがバランスよく組込まれた多タンパク質複合体である.それぞれのタンパク質は互いに独立の場で転写,翻訳されるにもかかわらず,見事に同調して複合体が形成されるしくみは長い間謎であった.しかし今回, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年9月号 Vol.34 No.14
発がん 遺伝子変異+αの真実に迫る
タール癌から1世紀を超え、いま紐解かれる複雑性

大島正伸/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート