News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

息の長い静注型マラリアワクチン

ハーバード大学/マサチューセッツ総合病院 柏木 哲

マラリア薬アルテミシニンの発見にノーベル賞,欧州医薬品庁によりはじめてのマラリアワクチンRTS,Sが認可されるなど昨年は明るいニュースのあったマラリアだが,薬剤抵抗性のマラリア原虫の出現などの理由から,いまだに小児を中心として年間50万人程の人が命を落とす危険な感染症であり続けている.この認可を受けたRTS,Sだが,接種後3〜4年目での有効率が幼児と小児でそれぞれ26,36%と,効果の持続が短いことが判明しており,マラリア撲滅に向けて,長期にわたって感染防御免疫を誘導する理想的な新規ワクチンの開発が依然求められている.近年,米製薬会社のサナリアなどによるグループは,弱毒化マラリア原虫をワクチンとしてくり返し静脈内投与することでワクチン投与終了後3週目の検討で最大100%の有効率を得られたという有望なマラリアワクチンを報告したが(Seder RA, et al:Science, 341:1359-1365, 2013),このたびその効果の持続性についての興味深い追加報告がなされた(Ishizuka AS, et al:Nat Med, 22:614-23, 2016).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年9月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年9月号 Vol.34 No.14
発がん 遺伝子変異+αの真実に迫る
タール癌から1世紀を超え、いま紐解かれる複雑性

大島正伸/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート